中毒性に注意!TWO DOOR CINEMA CLUB サマソニ2019出演!

洋楽邦楽問わず色々なアーティストを聴き漁っている@miyamoriKO_BO_です。 こでは僕の独断と偏見で、メジャーマイナー問わずにカッコいいアーティストを紹介します。ちょっとでも興味が持てたらぜひ周りの人にもオススメしてください!

今年のサマソニ出演も決定している、北アイルランド出身のロックバンド Two Door Cinema Club (トゥー・ドア・シネマ・クラブ) を知っていますか?
知っている人も知らない人も、とりあえずは最新のシングル曲を聴きつつこの記事を読んでみてください。

知らない方に簡単に紹介すると、ROCK好きもDANCE MUSIC好きも虜にしてしまうバンドなんです。中毒性がとても高い彼らの音楽はアルバムリリースがしばらくない状態でも一定の人気を保っています。そんなバンドについて詳しく解説していきます。

メゾンキツネ所属のオシャレバンド

近年は作品をあまり出していなかったため、知らない人もいると思いますが、実は結構有名なバンドで、2012年のロンドンオリンピックのオープニングセレモニーではボーカルがUnderworldが監修した曲に歌で参加しています。

メンバーは
Vo,Gt,syn / アレックス・トリンブル
Gt / ケヴ・ベアード
Ba / サム・ハリデー
の3人からなるドラムレスの3ピースバンド

バンド名の由来は、メンバーの地元バンガーの映画館「Tudor Cinema」の名前をアレックスが聞き間違えたものを使ったとのこと。日本でも読み間違えからそのまま名前になったミッシェルガンエレファントなんかがいますし、少し間違えた位だと造語なのに語感が良いから呼びやすいのかもしれないですね。

そんな彼らが所属しているレーベルはフランスの「Kitsuné」です。ファッション好きならピンときたかもしれませんが、のちに「MAISON KITSUNÉ(メゾンキツネ)」となるアート活動をしている事務所です。

著名人が一時期こぞって着用していたブランドのため、ファッションブランドとしての側面が強い事務所ですが、カフェや音楽レーベルなど実は色々なことをされている事務所だったんですね。

MAISON KITSUNÉに所属しているほかのアーティストはPHOENIX、YEARS & YEARS、Digitalismなど、ダンスミュージックとロックミュージックをうまく掛け合わせているアーティストが多いようです。

デビューは2010年で、ファーストアルバム「Tourist History」はUKのプラチナアルバムとなり、2012年リリースのセカンドアルバム「Beacon」はUKゴールドアルバムに選出されています。その後2016年にサードアルバム「Gameshow」をリリース。とコンスタントに活動されているバンドです。

ちなみにセカンドアルバムはベーコンじゃなくて“ビーコン”ですので、間違えないように気を付けてください(むかし自信満々に間違えていた友人がいました笑)
まぁそれはさておき、曲や音楽の紹介に移りましょう。

中毒性MAX!ディスコパンクゆずりのポップバンド

とりあえず初期の曲であり、人気のこの曲を聴いてもらいましょう

最新シングルといい、初期の曲といいMVにお金がかかっているのにかなりチープな構成になっていてシュールすぎます。。

中毒性の理由はリフの使い方?

まぁMVの感想はさておき、曲自体はギターをマーシャルに突っ込んでギャンギャンに歪ませるようなロックとは違い、クリーンに近い音での単音リフ…まるでデジタルサウンドのような上物をギターでやっており、彼ら独自の音楽になっています。

少しジャンル的な話をするとニューうウェーブやディスコパンクなどがルーツになって、それを彼らなりにギターロックで表現するとどうなるか…って感じで曲を作っているんじゃないでしょうか。

イメージ的にはディスコパンクはもう少しリズムを重視していた曲が主流だと思います。本来はその強調されたリズムが繰り返されることで高揚感を作り、ギターがその上に乗っかる。そんなバンドが多い中、ギターリフでダンサブルな部分をさらに強めることで、曲のノリを分かりやすくしています。

少し上の世代のFranz Ferdinandなどは曲のジャンルが近いので、比較してみるとより分かりやすいかもしれません。Two Door Cinema Clubほどギターリフが前面には出ていません。曲のいたるところに同じリフは一歩間違えればダサいのですが、それをカッコよく決められるのは才能でしょう。

そんなルーツの彼らなので、ギターロック以外ロックじゃねぇ!と思っている昔の人たちからするとうらやましいくらいノリノリの音楽を奏でられるようになっています。

日本のバンドシーンではフレデリックなんかが今いるバンドでは近い存在なのかなーと。フレデリックの方はもっと日本のガラパゴス的な進化の仕方をしていてディスコパンクなんかとジャンルが違うんですが、フレデリックの方がTwo Door Cinema Clubを参考にしている可能性はあると思います。

最新のアルバムは2019年6月14日リリース!!

公式発表がありましたが、 ニューアルバム『FALSE ALARM』6/14にリリースが決定しました!

ネット上では最初の先行シングル曲「Talk」以外にも「Satellite」の試聴できるようになっています。少しでも気になった方は暇な時間にぜひ聴いてみてはどうでしょうか?

DMでの質問等も受け付けています