カメラ初心者ほどPCでRAW現像をすべき理由

みなさんは撮影した写真をどのようにして周囲に見せていますか?例えばSNSにアップするとき、撮影時の状態のまま載せる人。SNSのフィルターを使用してアップする人、スマホでレタッチしてからアップする人。PCでレタッチやRAW現像を行う人…様々な人がいると思います。

一眼カメラを購入したばかりのカメラ初心者さんや、デジタルに疎い方などはRAW現像ってよく分からない…とか、レタッチって加工するってことだからデジタル加工した写真になるから好きじゃない…みたいにマイナスイメージを持たれる方も多いかもしれません。

しかし、カメラを趣味にされてる方や仕事でカメラを扱わなくてはならなくなった方にぜひ取り組んでもらいたいのがレタッチやRAW現像です。特に初心者であればなおさらです。
なぜなら写真の上達には必要不可欠な要素がレタッチ・RAW現像には詰まっています。レタッチ・RAW現像をすることで撮影技術も上達するからです。では初心者にこそレタッチ・RAW現像を勧める理由を解説していきます。

そもそもRAW現像って何?

「RAW」や「RAW現像」とは一体何か分からない…という方もいらっしゃるかと思います。

RAWとは、英語で「生の」とか「そのままの」という意味の言葉です。カメラや写真撮影においてRAWファイルと記載してある場合は、写真の元となる生データのことを指します。RAWファイルはまだ素材の状態のため、画像のファイルとしては成立していません。専門の編集ソフトなどでのみ閲覧・編集することが可能です。

しかし、RAWファイルは編集することを前提にされているため、加工や写真編集の自由度が高いです。一方でJPEGはRAWファイルのデータなどを圧縮して画像としてすでに完成されたファイルになります。JPEGはPCやスマホ、ガラケーなどでも扱えるほど利便性は高いのですが、編集にはあまり向いておらず自由度が低いです。

そしてRAW現像とはRAWデータを編集してJPEGなどの画像ファイルに変換することを言います。

もっと詳しく知りたい!そう思った方はぜひ以前の記事を読んでいただければと思います。こちらに詳しく解説がされていますので、さらに踏み込んでRAW現像を知りたいという人は参考にしてください。

関連記事

あの人との違いは違いはRAW現像!? 一眼レフやミラーレスカメラを買ったのに、InstagramやTwitterのタイムラインで見る写真と自分の撮った写真は何かが違う…と思う方は多いのではないでしょうか。 撮った直後は微妙だと[…]

木の実

メリット①写真の修整と復元ができる

何も調整するのは成功した写真じゃなくても良いのです。自分が思ったように撮影できなかった写真でも、データさえ残っていれば簡単に修正することができます。

自分が撮影した写真をみて、「もっと明るく撮れたらよかったのに。」とか「もっと空の色が青く写ってほしかったのに。」とか写真の出来栄えがあと一歩のときはありませんか?
そんなあと一歩を解消するのがRAW現像なんです。

例えば下の画像を見てください。明治神宮の敷地内のちょっとしたスナップですが、RAW現像によって明るさや色味、水平だしなど多くが変更できます。

大変そうかもしれませんが、実際は3分もかからないうちに修正は終了しています。星空の撮影や肌の質感などを上手く出したい時などは確かに時間がかかってしまいますが、スナップ写真程度であれば数分で仕上げることがほとんどです。

シャッターを押せる瞬間は一瞬です。子どもや動物を撮影しようとするならばなおさらです。そんなときに常にベストの設定で撮影できれば問題ないのですが、特に初心者であればそうもいきません。そんなときに活躍するのがRAW現像による修正です。

最初に設定で悩むよりも、とりあえず撮影を優先して、後でRAW現像すれば何も問題はありません。設定に悩むよりも撮影回数を多くこなせるほうが初心者のうちは大切ですからね。

メリット②自分の写真を見返すことができる

スマホでも自分の撮った写真を全部見てるよ。って人もいると思います。というかそのような人がほとんどだと思います。しかし、RAW現像する際はPCで作業することがほとんどです。
スマホの小さい画面で見ると、なんとなく上手く撮れているような写真でも、大きな画面で見てみると実はピントが甘かったり、細かいデティールが潰れていたりすることがあります。

そんな細かい部分もRAW現像をすることで発見することができます。

また、スマホだとざっくり流してしまいがちな写真も「もっとアングルを変えて撮影してみても良かったかな…」とか「もう少し寄ってみてもよかったかな。」などと1枚と向き合う時間が必然と長くなるため、構図なども含めて見返す時間ができることになります。

このようにRAW現像することで様々な気づきと反省が生まれます。ただ撮っただけで終わらせてしまっていると、次の撮影に何も活かすことはできません。

メリット③写真の知識が身につく

RAW現像と簡単に言っても、露出の調整から肌の補正、不要なものの除去…と、できることはかなり幅があります。最初に取り掛かろうとするとき、ホワイトバランスの調整などから始めると思いますが、本当に初心者ではホワイトバランスの数字の違いもいまいちわかりませんよね?

それがRAW現像を始めると、ホワイトバランスは変化させるとどの様な違いが出るのだろうか。色被り補正はできることは本当とどんな関係があるのだろうか。などと今まで気にしてこなかった項目も気にしだすようになると思います。

始めから書籍やネットで用語を調べようとすると学ぶべき項目の多さに驚くかもしれません。しかしとりあえずRAW現像を始めてみると、自身で色々な項目をいじっていくので勝手に身についていきます。

あの人の写真の雰囲気が何となく好き。みたいな曖昧な感覚も、用語やそれらの意味を知ることで、自分の写真との違いを具体的に把握できるかもしれませんね。

RAW現像をするにあたって

ここまで読めばRAW現像に興味がわいたと思いますが、最後にRAW現像をするにあたって注意点が2点あります。

  1. 画像データは重いので、HDDなど容量が大きいものにしよう
  2. ソフト(アプリ)によってはRAW現像に時間がかかるため、動作の軽いものを選ぼう

少し詳しく上の2点について説明します。

①RAWデータの保存は大きな容量が必要

どんな写真でもRAWデータとJPEGとでは画像のデータ容量は何倍も違います。一般的によくある2400万画素のカメラではRAWデータは25~40MB程度の容量に対して、JPEGは5~10MB前後、圧縮比率を上げて容量を小さくすれば1MBを下回ることもあります。

簡単にではありますが、計算するとRAWデータが100枚あればそれだけで2G以上必要になってしまいます。何枚も撮影を繰り返していると100枚どころか1000枚は簡単に超えることがあると思います。

仕事や授業のために購入した安いノートパソコンなどではHDDの容量がすぐに満杯になってしまうことが容易に想像できますね。そうならないようにネットのストレージを利用したり、外付けのHDDを購入したりすることをオススメします。

②RAW現像のやりやすさはソフト(アプリ)に左右されやすい

これもRAW現像を始めないと分からないことなのですが、RAW現像をするには専用のソフトが必要になってきます。

一眼カメラを購入するとそれぞれのメーカーが開発しているRAW現像ソフトが無料で使用することが可能です。メーカーによって使い方は様々ですが、編集できる内容は大まかには一緒です。

しかし、カメラメーカーが開発しているソフトは重いものが多く、私自身も初めてRAW現像しようと思ったときに純正ソフトを利用してみたのですが、画像処理の速度が遅すぎてRAW現像が嫌になってしまった経緯があります。

その後しばらくはJPEGのみで撮影していたのですが、もう一度挑戦してみようと、色々なソフトについて調べてみました。そうするうちにPhotoshopやLightroomといったAdobe社の製品を知ることになり、無料期間もあるため利用を開始しました。

するとどうでしょうか。昔は速度が遅くてイライラしていたRAW現像が簡単にできることに驚きました。パソコンは同じものを利用しているのにソフトの違いだけでかなり違います。

ネットでは動作が軽いとよく言われていますが、本当にその通りでストレスフリーで利用することができ、そこからRAW現像の魅力に気が付いたと言っても過言ではありません。

そこからは私はAdobe一筋で今日まで利用しまくっています。

それくらいRAW現像のソフトの違いというのは重要なポイントだと自分自身は思っています。もちろん純正ソフトでもRAW現像は可能ですし、各社カメラとの相性は抜群です。純正ソフトを使用している人も大勢いらっしゃるので、そちらで十分という人もいらっしゃいますしね。

しかし少しでも純正ソフトに不満がある場合は、AdobeのLightroomなどの専用ソフトを購入することをお勧めします。

初めて利用する方は無料期間もありますし、まずは月額プランから導入してみるのもありだと思います。実はLightroomとPhotoshopは今のようなサブスクリプションサービスになる前はひとつ5万円などで販売されてたソフトなんです!

確かに今のサブスクリプションサービスでも数年間利用すると5万円かかってしまいますが、常に最新版を利用することができることや、HDDを購入せずにネットの大容量クラウドサーバーが利用できると考えると、かなり安いのではないでしょうか。

RAW現像に興味が出た人はぜひ一度試してみてください!

 

DMでの質問等も受け付けています