Exifって知ってる?データで見られる撮影環境

最近写真を撮りに行く時間がとれない@miyamoriKO_BO_です。 写真を撮りに行けないけど、このサイトを見てくれる方が少しでもカメラで写真を撮ることが楽しくなるように色々な情報を発信しています。

みなさん、Exif(イグジフ)って聞いたことありますか?知っている人からしたら、あー、あれね。って情報なので、ある程度知識がある方ならだいたいは知っているデータだと思います(笑)

じつはこれを知っているのと知らないのでは、カメラの撮影技術が上達するスピードが全然違うので、初心者の方のために簡単に説明していきます!

Exifデータとは?

Exif(イグジフ)とは、 デジタルカメラで撮影された写真に、埋め込まれている撮影条件などの情報ファイルのフォーマットです。イグジフとかExifデータ、Exif情報と呼ばれることが多いです。

正式名称はExchangeable image file format(エクスチェンジャブル・イメージ・ファイル・フォーマット)と呼ばれ、富士フィルムが開発して後に全カメラ共通の規格となりました。

それぞれの写真(画像)データに埋め込まれていて、パソコンやスマホで詳細表示することで参照をみることができます。

どんなものがExifデータっていうの?

写真に埋め込まれた情報?ってよく分からないっスわ…

確かに文字であらわすと分かりにくいですが、iPhoneで撮影した写真に入っている撮影日時とかGPS情報とかもExifと呼んでいます。

スクリーンショットのプロパティですが、これも一種のExifデータといえます。こうやって細かな情報が載っています。そう考えるとデジカメとかスマホで写真を撮影したことがある人は絶対に一度は見たことある情報ですね!

デジカメやデジタル一眼だと撮影時のiso感度の数値や撮影したカメラ等、もっと詳しい情報が埋め込まれます。

主に以下のような情報が記録されます。

  • 撮影日時
  • 位置情報(ジオタグとも呼ばれます)
    スマホなどではGPS情報の読み取りを可としていれば、撮影したときの位置情報が記録されます。
  • 撮影カメラ名
    カメラによっては製品番号なども記録されますが、多くはメーカー名とカメラモデル名(例:Nikon D850)が登録されます。
  • レンズ名(電子接点付きのレンズに限る)
    電子接点がついているレンズであればレンズ名も埋め込まれます。オールドレンズやマニュアルフォーカスのレンズなどではデジタル情報が記録できないため、情報なしとなります。マニュアルフォーカスレンズでもカールツァイスなど一部メーカーでは電子接点を有しているものもあります。
  • 画像の解像度(大きさ)
    よく見る1980×1080とかですね。これを一般に解像度と呼び、Exifではデータの大きさといえます。
  • シャッター速度
    何分の何秒で撮影したのかがわかります。
  • 絞り(F値)
    こちらについてもレンズ情報なので、レンズ側に電子接点がないものだと表示がされません。
  • ISO感度
    カメラ側で設定したISOが表記されます。拡張低感度でも具体的な数値が分かります。
  • 焦点距離
    ズームレンズの場合は細かい数値までわかります。しかしこちらもレンズ側に電子接点がない場合は表示がされません。

その他にも、測光モードや露光補正値、色空間などが表記されます。
より精細な画像処理などを行う場合は色空間の違いは必要な項目になってきますが、今回は省略します。

それ以外でも多くの情報がありますよね。それではそれらの活用方法を紹介していきましょう。

Exifデータを活用しよう

カメラで撮影するにあたってExifを活用する場合、使用方法は主に2種類あります。

"他人のデータと自分のデータを比較して参考にする”ことと“Exifデータごとにフォルダ分けする”ことです。

他人と自分の写真をExifで比較してみよう

これは言わずもがな、「この人みたいに写真が撮りたい!どんな焦点距離のレンズ使ってるの?」とか「周辺までシャープに写すにはf値はいくつがいいんだろう。」とか自分一人では写真の撮影方法など行き詰ってしまったときに活用できます。

他人のExif情報を確認する方法としては、写真投稿サイトで確認する方法を筆者は行っています。

例えば、筆者の500pxというサイトアカウントでは、下の画像のように表示されます。

丸く囲った部分がExifデータです。使っているカメラや使っているレンズ。焦点距離やシャッタースピードまで表示されています。どのような条件下か一目でわかりますよね。

また写真投稿サイトの多くはカメラやレンズで写真を検索することもできるので、自分が使用しているサイトでぜひ一度試してみてください。

編集による後処理が極端にされているケースもありますので、この人の写真が好きだからこのレンズ使いたいってすぐになるのではなく、ほかの人の作例もみてレンズ特性を捉えるひとつの指標になるかと思います。

また風景写真で意外と多いのが、トリミングされていたり、想像していたより焦点距離が長かったりします。

トリミングすることは悪くわないですが、初心者の頃は“撮影した後に写真自体の大きさも加工する”って画質を落としそうで嫌だなーって思うことがありますよね。

しかし、実際のところ最近のカメラは少しトリミングしたくらいでは画質の差が分からないくらい性能が上がっています。表示する場所を4倍くらい大きくさせるようなトリミングはあからさまに分かってしまいますが、周辺を少し切り取るくらいであれば実は多くの人がやっていたりします。

そんな初心者には分からない裏技?的な技術もExifデータから読み取ることができます!

Exifによるフォルダ分け

これはそのまんまですね。分かりやすい例でいえば、スマホの写真って勝手に撮影した日時でフォルダが作成されていたりしませんか?

あれは撮影日時の情報をExifデータからスマホ側が取得して、フォルダ分けしているんです。

デジタルカメラなどで撮った写真は他にもカメラやレンズが違ったりしますよね。それをカメラメーカーごとに分類したりできるのは知っていましたか?

Lightroomでの表示方法になるのですが、ライブラリで撮影データを表示させたときに上の方に“メタデータ”という項目があります。

そこをクリックすると、カメラだったりレンズだったりで画面上に表示させたい写真を選定することができます。

そうすることによって、「あれ?これってどっちのカメラで撮影したっけ?」といった確認作業をひとつ減らしたりできます。

まぁ普通の人はあまり使用しないですが、カメラによっての描写を確認したい方や、仕事で撮影するときにカメラやレンズの指定を受けているときなどは活用することができます。

Exifデータで注意すること

最後にExifを使用する際に注意していただきたいこと2点あります。

ひとつは“あくまでデータであるため信用し過ぎないこと”

デジタルで管理されているデータですので、他人のデータを確認する際に「実はデータ自体を変更させています」ってケースがあったり、「RAW現像で大胆に編集していて原形をとどめていない」ってケースも多々あります。

自身が撮影した写真のExifはもちろん急に違う情報が埋め込まれたりとかはないのですが、あくまでも機械から読み取れるでーたですので、その時の光の情報や撮影したときの環境などは全く分かりません。

写真から得られる情報に少し付け加えた程度でみてもらえるといいかもしれません。

そしてもうひとつは、“個人情報流出の可能性がある”ってことです。

特にスマホで撮影した写真にはExifでGPSによる位置情報が埋め込まれているケースもあります。iPhoneではSNSにアップロードする際にGPS情報は削除されたりしますが、アンドロイドだとそのまま投稿される機種もあります。

そうなると、撮影した日時やGPS情報…住んでいる地域や生活パターンなどある程度絞り込まれてしまいますよね。便利な反面、とても怖いです。

それを防ぐためには、投稿する前にGPS情報などをExifから削除するといった対策がひつようになってきます。お店の紹介などでは位置情報があるとすごく便利ですが、それ以外の方はほとんどいりませんよね。

あ、デジタルカメラなどはほとんどの機種はGPSなどついていないので、大丈夫だと思います。ただし、Instagramなんかは投稿した地域を設定する投稿方法もあるので、いずれにしてもどんな情報が写真と一緒に送られているのか、発信する側も理解することがとても重要です。

便利なデータだからこそ、悪用する人も出てきます。自分自身を守るためにも理解しておかないといけないデータですので、ぜひこの機会に理解を深めてみましょう。

DMでの質問等も受け付けています