木の実

脱カメラ初心者!RAW現像のすすめ

あの人との違いは違いはRAW現像!?

一眼レフやミラーレスカメラを買ったのに、InstagramやTwitterのタイムラインで見る写真と自分の撮った写真は何かが違う…と思う方は多いのではないでしょうか。

撮った直後は微妙だと思っていた写真も実はRAW現像することによってこのように変化します!

木の実

もちろん構図や撮影環境なども左右されるのですが、RAW現像(PCでの写真編集のこと)をすることによって、自分が撮った写真も素晴らしい写真に変化します!

今回は「RAW現像とは何か」を簡単に説明していきたいと思います。RAW現像の方法などはこの記事に付随したカテゴリーで詳しく解説していきますので、編集の方法を早く教えろ!という方はこの記事をすっ飛ばしてください(笑)

RAW現像って何?

まず、RAW現像のRAWとは何か…“RAWとは英語で「生」または「未加工」”という意味です 。つまり直訳すると“RAWデータ=生データ”ということになります。

スマホなどで撮影した写真の詳細をみると、ほとんどのスマホはJPEGというファイル形式になっていると思います。 iPhoneで撮影された写真などはもちろん綺麗ですが、実はそれはiPhone内で補正処理が施されています!

そんなカメラやスマホで補正処理がされていない未加工のデータをRAWデータと呼びます。 ちなみにRAWデータは撮影したそのままの状態なので、専用のソフトやアプリでなければ中身の確認もできないデータです。

もう少し詳しく知りたい方は

DD5PEDALS.COM

あなたが使っている一眼レフもスマホのカメラも実は光の情報しか読み取っていない?そんな雑学知識を紹介します。…

そんなRAWデータ を写真として見れるように、色味・明るさ・コントラストなどの調整を行い、JPEGなどの画像データに変換させることを銀塩カメラのフィルム現像に準えてRAW現像と呼びます。

分かりやすく言い換えれば、RAWデータとは料理がされる前の食材です。その素材をカレーにするのか肉じゃがにするのか、ハヤシライスにするのか…食材がほとんど同じでも全く異なるものを作ることができる調理の過程をRAW現像と言えます!

JPEGとRAWデータの違いって?

ここまでの話で、何となくRAWデータのことは分かったと思います。しかしひとつの疑問が生まれます。どうしてどちらかにまとめないの?と。

確かにひとつの規格にまとまれば良いのですが、それぞれのメリットがあるため、棲み分けしています。

軽くてどこでも使えるJPEG

撮影したデータに対してカメラないしスマホの内部の画像エンジン(処理装置)が色や明るさの調整を行い作られたデータがJPEGです。

端末さえあれば誰でも閲覧できて、店でプリントすることもできます。そして何より圧縮データであるために容量が軽く、ストレージを圧迫しないことがメリットです。

その一方で、JPEGのデータを加工し過ぎると下の画像のように画質が劣化し、元の状態に戻せないというデメリットがあります。

木の実

少しやり過ぎましたが、加工し過ぎるとこのように画像が潰れてしまいます。

編集用途に特化したRAW

撮影時のデータを、カメラ内部で処理せずにそのまま保持したデータがRAWです。色や明るさなどの調整を、画質の劣化をさせることなく行うことがが可能です。

また、マニュアル撮影で失敗しやすい露出やホワイトバランスなどもあとから調整できるため、カメラ設定を細かく気にしなくとも、修正が効きやすいことが多いです。その分、撮影に集中できることもメリットです。

デメリットは非圧縮のデータであるため、JPEGに比べてデータ容量が大きく、何十万枚レベルになると、データの置き場の問題が出てきます…そのれべるまでいくとJPEGでも同じことが言えますが(笑)
あとは閲覧/編集のためには専用ソフト・アプリが必要なことです。

とりあえずRAW現像してみよう!

ちなみに一眼レフやミラーレスなんかのカメラを買えば、大抵はメーカーの無料ソフトが付属していますので、“専用”とか言っていますが、実はそこまで敷居は高くありません(笑)

付属の純正ソフトを使ってみよう

RAWで撮影できるカメラを買えば、付属品のCDやメーカーサイトからRAW現像用のソフトを無償ダウンロードできます。中古なんかでCDがついていない場合でも、シリアルナンバーを入力すればメーカーサイトからダウンロードできるので、カメラメーカーさんは親切ですね!

cannonであればDPP(Digital Photo Professional)、NikonだとCapture NX-D、ソニーはImage Data Converterという名前のソフトです。

ここに名前の載っていないメーカーも全て独自のソフトを開発しているので、まずこれらを使ってみてRAW現像でどんなことができるかを経験してみましょう。

プロと同じ環境のLightroomかPhotoshop

メーカーのソフトでも十分ですが、業界のデファクトスタンダードはAdobeのLightroomとPhotoshopになっています。

理由としては、
①純正ソフトでは違うカメラメーカーのRAW現像ができない
②純正ソフトと比較して動作が軽い
③痒い所に手が届く、ユーザービリティの高さ
があると思われます。

しかし月額980円(税別)がかかってしまうため、そこが唯一のデメリットかも。少々高いと思うかもしれませんが、昔は10万円近くしていたソフトです。それが月々1000円程度で、しかも常に最新版を使えるのは本当におすすめです!

LightroomとPhotoshopは1週間の無料体験ダウンロードができるはずですが、少し使いこなせてきたと思ったら既に1週間経過していると思いますので、最初は1か月だけの契約で色んな設定を試してみるのが良いと思います。

そんな自分も昔は「お金を払っても使いこなせなかったらもったいない。」と思い、Adobe製品の導入をためらっていました。しかし、使ってみると「純正ソフトよりもかなり使いやすい!使わなかった月日がもったいない!」と手の平を返した反応をしちゃいました(笑)

RAW現像は初心者こそチャレンジすべし!

先ほどRAW現像を料理に例えましたが、現像ソフトは“道具がそろったキッチン”にあたります。Lightroomなどは、道具の種類や数が豊富なうえに作業スペースも広いので、素人の要求にも応えてくれる。そんな理想のスペースです。

もちろん、カメラ業界では使用率も高いソフトのため、編集方法などの“レシピ”もたくさんネットに転がっているので、誰でも一定水準以上の作品を簡単に作れる強みもあります。

撮影した時点で最高の写真であればそれに越したことはありませんが、初心者だからこそ、それが難しいはずです。

良い写真を撮りたいのに、上手く撮れない。そんなジレンマを解決できるひとつの手段として考えれば、一度チャレンジしてみても良いかもしれませんね。撮影したときはイマイチだと思っていた写真も素晴らしい写真になるかも?

木の実
DMでの質問等も受け付けています