フェスやライブでの酔いつぶれ対策は?

みなさんはフェスやライブ、クラブなど外で音楽と触れる際にお酒は飲みますか?

普段はあまりお酒を飲まない人でも、友達や知り合いとフェスに行ったときなど非日常の空間ではついついお酒を飲んでしまいますよね。

でもそんなときに飲み過ぎて目当てのアーティストのときに寝ていたり、次の日の二日酔いがひどくて仕事にならない…。そんなことにならないように対策方法をまとめました。

要点をまとめると以下の3つになります。

  1. 乾杯の前に何か食べてから飲酒しよう
  2. ウコンはあまり効果がない!
  3. 飲酒は脱水状態になりやすい

それではひとつひとつを詳しく解説していきます。

1.空腹は禁物!!何か食べてから飲酒しよう

アルコールは他の食品と異なり、消化を受けることなく吸収されます。通常では飲んだ量の20%程度は胃から、残りは小腸上部から吸収されます。胃からの吸収に比べて、腸からの吸収は速いとことが知られています。また全般的に吸収は早く、消化管内のアルコールは飲酒後1~2時間でほぼ吸収されてしまうといわれています。

引用:e-ヘルスネット 厚生労働省生活習慣予防のための健康情報サイト

このことからもアルコールは胃よりも小腸での吸収が早いことが分かります。胃内に食べ物があると、アルコールも食べ物にさえぎられて小腸に落ちるまで時間がかかります。そうすることで、段階的にアルコールが吸収されていきます。

しかし、胃に食べ物がない状態だとどうでしょう。胃でアルコールが止まらずに、スルーしてしまいます。急に小腸にすべてのお酒が入ってしまうので、急速にアルコール血中濃度が上昇してしまいます。

胃内に溜まりやすい食べ物として、揚げ物など脂っぽいものが良いです。九州が遅い食べ物なので、お腹にとどまりやすく、アルコールの吸収も送らせてくれます。

2.ウコンはあまり効果がない?二日酔い対策の食事は?

ウコンは二日酔い防止に良いと言われていますが、医学的に効果が証明されていないって知っていましたか?

ウコン配合ドリンクを130杯飲まなければ効果がない!?

海外の論文ですが、2017年にウコン(クルクミン)の医学的効果は少ないと発表されています。下に原文は無料公開されています。
The Essential Medicinal Chemistry of Curcumin

確認してみると、ウコンというより有効成分とされるクルタミンの効果を調べているようでした。

しかし、論文の中には「クルタミンは体内に吸収されにくい物質だ」ともまとめられていました。
実験ではクルタミン2gと4gの薬剤を飲んだ時の吸収量を調べたところ、血液中に成分が検出されたのは4gの方だけだったようです。

コンビニなどで売られているウコンの〇〇〇みたいな商品は0.03g程度しか含まれていないので、それくらい微量だとクルタミンの効果は得られなさそうですね。

だからといってクルタミンの摂取量が4gになるように130杯もウコン配合ドリンクを飲むのは不可能です。 

本当に効果がある食べ物って何?と気になる方はこちらもご覧ください。

関連記事

大人になると切っても切り離せない酒の席。職場の飲み会以外でも、フェスなどのイベントでもみんなでワイワイ盛り上がるのに欠かせません。 ついつい飲み過ぎてしまった翌日に二日酔いで公開してしまわないように、二日酔い対策の食べ物を“飲酒前”と“飲酒[…]

3.脱水に注意!アルコール摂取をすると脱水状態になる!?

飲酒は脱水状態を招きやすいとされています。ただでさえ炎天下の中で過ごしているフェス会場などでは、脱水を助長する恐れがあります。

アルコールには利尿作用があるのはご存知でしょうか。特に真夏に合うビールは利尿作用が強く、1Lのビールを飲むと1.1Lの水分が失われてしまうとも言われます。

またアルコールを分解する酵素が作用するためにも水分が必要とされます。

そんな状態で直射日光に照らされる真夏にビールを飲みまくって汗をかく。
脱水状態になる条件がそろっています。

しかもフェスの時などはテンションが高いため、多少の体調不良も最初は気が付きません。どんどん深刻になってから「ヤバイ…」と取り返しのつかない状況になります。

水分補給しよう

二日酔いも一種の脱水状態だと言われています。あの頭痛、だるさ、そういわれると脱水状態と同じですね。

脱水や二日酔いを予防するためにも水分補給は大切です。食事もあまりとれない状況下であるため、余計に水分補給できるポイントが限られてきます。

常にペットボトルを持ち歩いて、飲酒量と同じかそれ以上に水分を摂るように心がけましょう。その分、トイレが近くなるかもしれませんが、後で後悔するよりも良いでしょう(笑)

オススメの飲料

スポーツドリンク

飲酒と汗で失われる水分やミネラル…全てを補給できる真夏日には万能アイテムです。問題点としては糖質が含まれているため、飲み過ぎには注意が必要です。

そうならないようにカロリーが低いものなどがおすすめです。
持ち運びを考えると500mlペットボトルの方が絶対におすすめです。空になればその場で捨てられるし、飲み残すことが少ないです。

アクエリアスゼロは人工甘味料によって味を落とすことなく糖質をカットできています。

動くカラダのための、ゼロカロリーの水分バランス飲料

もうひとつ個人的に好きなのはヴァームウォーターです。
カロリーを抑えつつ、肝臓の回復に必要なアミノ酸を多く含んでいるので、単純に二日酔いの時でもおすすめです。

自宅に買い置きがあると、飲み会の翌朝なんかに飲み過ぎてやられた身体を内側から癒してくれる…と勝手に思い込んでついつい飲んでいます。

1本にスズメバチアミノ酸混合物「V.A.A.M.」1,500mg配合。運動中の水分補給に。

ここまでいろいろと言ってきましたが結局のところ、自分の体力をみつつ、お酒の量を適度に守ることが大切です。

無理をせずに楽しむ!これが一番大切です。

もちろん未成年の方は飲めませんが、この記事を参考にして大人になったら音楽とお酒と両方楽しんでください!

DMでの質問等も受け付けています