個人輸入するとき為替レートも気にするとかなり安く買える…かも!?

みなさんは楽器を買うときどのように買っていますか?ネットで買う人もいれば実店舗で購入する人もいると思います。それは人それぞれで良いのですが、楽器や周辺機器のすべてを国内メーカーで揃えている人は少ないのではないでしょうか?

ギターやベースに関して言えば、フェンダーのカスタムショップやギブソンのヒスコレなど最高峰と呼ばれるものは総じてアメリカで作製されているものが多い世界になります。

海外の機材や楽器を購入する際に一度はこんなことを考えたことがあるのではないでしょうか。

自分で海外サイトから直接購入した方が安いんじゃない?

この考え方、間違えではないのですが、状況によっては労力に比べて安く購入できないときがあります。
もちろん関税の問題などもありますが、直接輸入するときに何がいちばん金額に左右するかと言うと、為替相場・為替レートです。

このページは直輸入などを始めてやりたい時に参考になる程度のお金の知識初級編です。楽器とは直接関係ありませんが、楽器を安く買いたい!と思うけど、知識がない!みたいな方はぜひ参考にしてください。

為替相場・為替レートとは

為替相場って言われても難しそうと思う方が多いと思いますが、ニュースの最後の方に一瞬流れる「1ドル〇〇円」ってやつです。

あまり気にしたことがない方からすると、そんなに変わっているのか分からない…と思うのではないでしょうか?
確かに1ドル110円と1ドル100円とパッと聞いただけでは大した変化ではないのですが、この違いがどれだけ大きいことか分かりやすくひも解いていきましょう。

為替レートの決まり方は?

ちょっとお堅い話になるのですが、1ドル〇〇円というのはどうやって決まっているかご存知でしょうか?いろんな銀行や証券会社、クレジット会社等によって微妙に金額が異なりますが、ほとんど同じ金額の変化になっています。

多数の会社があるのにもかかわらず、毎分・毎秒の変化がほとんど一緒なのでしょうか?これは需要と供給によって決まっています。

例を挙げると、人気のアーティストが変わると中古エフェクターの価格が変動するのを感じたことはありませんか?
Twitterなどでバズった機材などはヤフオクやメルカリで一時的に定価以上で販売する方、それを購入する方が出てきますよね?

それと一緒で、ドルがほしい人・会社と円がほしい人・会社の需要と供給によって変化しています。

円安と円高

円安だとか円高だとか聞いたことがあると思いますが、何がどうなると円安で、どうなると円高なのでしょうか。

円安とは、円の価値が下がる(外貨の価値が上がる)ことで、昨日まで1ドルを100円で買えていたが、今日は101円出さないと買えなくなったということを意味しています。
ほしいエフェクター(外貨)の価値が上がったから価格(円)が上がると思ってもらうと分かりやすいです。

円高になれば、円の価値が上がる(外貨の価値が下がる)ことで、少ない円で安くなったドルを購入できることになります。
ほしいエフェクターがバズった後、しばらくたつと在庫を抱えた人たちが安売りするようになるようなイメージです。

通販と為替相場

お待たせしました!これからが本題の為替相場が通販とどのように関わるのでしょうか?

結論から言います。円高になると輸入商品は安く購入できます。つまり1ドル〇〇円の円の数字が低くなった方が安く購入できます。

例えばFender American Originalのストラトは海外通販では1599ドルで購入することができます。

これが2020年のコロナショックのときの為替レートの上限と下限にあてはめてみましょう。

最も円安の頃は約112円でした。送料や関税を考慮していませんが、単純に1599ドルに112を掛け算します。
1599×112=179088(円)なります。

逆に最も円高の時は約101円でした。そうすると
1599×101=161499(円)です。

金額差にして17500円です!エフェクター1台買えちゃいますね。。
厳密なことを言いますと、実際に決済するときはもう少し金額差は狭まるのですが、ここで理解してほしいのは円高の方が断然に安く購入できるということです!

こちらのストラトは日本で購入すると税込み約24万程度です。こちらは約16万円で、送料などを考慮しても約18万円程度で購入できます。

もしも送料等不安がある際は、他のサイトですが、とても分かりやすいサイトがあるので、そちらを参考にしてみてください。

Easy Running

アイキャッチ画像は以前アメリカ出張に行った際、出張先から車を2時間くらい運転して行ったThe Rock and Roll…

注意点

もちろん安くは購入できるのですが、海外から購入するので、ある程度名前が知れているサイトから購入することや商品の初期不良などの対応などはできない可能性があることを考慮して購入してください。

また決済の際に最終決定される為替レートはクレジットカード会社などによって、決済日のものが反映されるのか翌日のレートが反映されるのか…など異なってきます。

最終的には自己責任になりますが、機材ひとつひとつが高いため、1円でも安く購入できるように金融知識も活用していきましょう!

DMでの質問等も受け付けています