カメラマンのブログって何を書けばいいの?

どうも、副業でフリーフォトグラファーをしている@miyamoriKO_BO_です。
関連記事

カメラマンやフォトグラファーとしても徐々に案件をいただいている@miyamoriKO_BO_です。 さて、題名にカメラマンはSNSよりもブログがオススメと書きましたが、なぜそう言えるのか分かりますか?確かにSNSは集客力があり、利用すること[…]

前にカメラマンやフォトグラファーはSNSに力を入れるよりもブログ運営する方が良いと言いましたが、実際にどのような文章をブログに書けばよいのでしょうか。おおまかに要約すると以下のようなものになると思います。

  1. 自分の写真を定期的にアップロードする
  2. 写真の撮り方、現像の仕方を解説してみる
  3. 自分の使っている機材やその使い方を紹介する
  4. 撮影場所などのまとめを作ってみる

などなどが候補として挙がってきますね。
ネットで有名なブログなどを中心にそれぞれ解説していきますので、最後まで読んでいただければと思います。

自分の写真を定期的にアップロードする

これはカメラマンやフォトグラファーであれば一番やりやすい方法なのではないでしょうか。
ブログを活用しつつ、自身の作例を多くの人に見ていただく。これだけでも幅は広がりますよね。Instagramに載せた写真をまとめるような構図でも新たに見えてくる側面もあるかもしれません。

ブログに写真をアップするには自分の中で一定の水準がないと載せられにくいと思いますし、自身の写真技術の向上にも繋がるのでおすすめでしょう。単に写真を載せるだけでは味気ないと思った方は次の方法はどうでしょうか?

写真の撮り方、現像の仕方を解説してみる

このサイトではこの方法でカメラマンの技術をブログに活用しています。というのも僕自身は特別に写真がすごく上手いわけでもなく、特殊な現場の撮影なども経験がありません。どの写真を載せても多数のサイトとの差別化は図れません。そこで、現像作業って誰でもできるけど正解が分からない作業だよなーと思い、解説を載せています。

Lightroomなんかではボタンひとつである程度の状態まで現像を済ませたりできる機能もありますが、そこからもう一歩仕上げたいときやもう少しここを細かく調整したいと思ったときなどに困った過去があります。まぁ今もたまに困るのですが(笑)

そんな時にネットで現像方法や撮影条件を確認したりなどネットで調べることが多かったので、自分自身のアーカイブも兼ねて困っている人が見られるサイトがあればと思い、RAW現像の記事などは書いています。RAW現像の記事を書く際は改めて原理など振り返るので、知識も増えるのでおすすめです。

関連記事

あの人との違いは違いはRAW現像!? 一眼レフやミラーレスカメラを買ったのに、InstagramやTwitterのタイムラインで見る写真と自分の撮った写真は何かが違う…と思う方は多いのではないでしょうか。 撮った直後は微妙だと[…]

木の実

機材レビューをしてみる

これはよくあるサイトですね。提供を受けたカメラマンや通販サイトが機材レビューしている以外に個人のサイトでカメラ機材のレビューって意外と少ない気がしませんか?色々なサイトを覗けば作例は紹介されているのですが、カメラを構えた際の重心だったり質感など細かいところはやはり個人サイトの方が書いてあるような気がするので、結構参考にしていたりします。

それに提供を受けているとマイナスな面はフワッとしか書かれていないことが多いため、もっと生の声が知りたい時なんかも個人の詳細レビューは有益な情報が多い気がします。このサイトではそのような機材レビューってほとんどないのですが、今後増やしていきたい項目でもあります。

撮影場所などをまとめてみる

これは旅行で撮影するときにこの写真はどこで撮影したのだろう…と思ッと、ふと調べたときに今まで撮影した場所などをグーグルマップでフラグを立てて分かりやすいようにされていた方がいたので、確かに分かりやすくてブログの記事としてありだと感じました。

確かにカメラマンとしては撮影場所やレンズなどなどのすべての条件を自分で考えて撮影したから教えたくない!と思う方もいるかもしれませんが、僕の場合はそこで撮影したけれど他の人はどうやって撮るのだろう。とかもっと写真を拡散してほしいという思いの方が強いため、いい案だと思っています。

僕の場合は旅行にほとんど行かないので撮影場所をまとめるも何もプライベートの撮影は有名どころしか撮らないので「じゃらん見ればええやん」状態になるので今後もやる予定はないと思います(笑)

夜景の撮影ポイントや桜の撮影ポイントなどピンポイントで紹介しているサイトもあったり、誰でも書き込みができるようになっていたりと、立ち上げてから有益だと思わせるまではすごく時間がかかりそうですが、あれば絶対に頼りたくなる人が多いためブログとしてはいちばん成功しそうな例ですよね。

他にもこのサイトみたいに音楽系のジャンルとごちゃ混ぜにやっている人も中にはいるでしょうし、全部やってみて自分にあったものに絞って継続するとかも良さそうです。

何よりもブログを続けることで自分の趣味を共有できる人が増えるのが楽しいので、みなさんもこの記事を参考にブログを始めてみましょう!

DMでの質問等も受け付けています